2005 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312006 02

スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無条件バトン

2006-01-30 21:12
日曜日は、お菓子を焼いてのんびり過ごしました・・・と書くと優雅に見えますが、バターが溶けなくて必死で泡立て器回してたら、余計に疲れました。
すぐに、電動泡立て器に変えましたけど。(持ってるんだ)
パウンドケーキ、会社に持って行って事務所の人にお配り。
ええ、見た目悪かったんですけど、味は良かったらしい。
次は何を作ろうかな。

アラタさんから、バトンがきたよ、きゃっほーい。

続きを読む
スポンサーサイト

銀の檻を溶かして―薬屋探偵妖綺談

2006-01-27 16:44
銀の檻を溶かして―薬屋探偵妖綺談銀の檻を溶かして―薬屋探偵妖綺談
高里 椎奈

講談社 2005-05
売り上げランキング : 26,342
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

そういや読んでいたのでした。
これが1巻で、続きが今は2巻までが文庫になってます。
ノベルスでは12?3?くらいまで出てるらしいです。
メフィスト賞受賞作品だそうですが、メフィストってあんまり規定なくて審査員が面白かったのが賞取るらしいのですが・・・・。

続きを読む

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

2006-01-23 14:49
ハリー・ポッターと炎のゴブレット 上下巻2冊セット (4)ハリー・ポッターと炎のゴブレット 上下巻2冊セット (4)
J. K. ローリング J. K. Rowling 松岡 佑子

静山社 2002-10-23
売り上げランキング : 8,902
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本ではなくて、映画を見て来たんですけども・・・。

アスランがかっこ良かったです>ナルニア国物語のライオンさん(笑)

いつも流行に乗らずに、みんなが見てしまった頃に見に行きましたとさ。
まぁ、そこそこお客さんはいましたけど、広い館でだったので見やすかったです。

ハリーポッター・・・本は読んだ事ないのですが(ハードでかいし)、映画だけは何故か1作目から映画館で見てます。早いですね、もう4作目ですよ。
ここいらで止めておかないと、原作者さん困らないのでしょうか。
それよりも、ハリー役のダニエル君が大きくなってしまう事の方が問題ですね。
あ、原作は7作目で最終巻なんだ・・・。(さっき気付いた)
ダニエル・ラドクリフの他の映画も見たいものです。

続きを読む

新フォーチュン・クエスト (11)

2006-01-16 16:56
新フォーチュン・クエスト (11)新フォーチュン・クエスト (11)
深沢 美潮

メディアワークス 2006-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今はライトノベルという位置付けされたものがありますが、昔はそんなもの考えもしてなかったです。さて、この本はライトノベルというものになるのかどうか・・・。
いや、どうでもいいんですが。この本に限ってはそういうくくりにはされて欲しくないなぁとも思ったり。ライトノベルの意味は未だによく解らないのですが、「薄っぺらい」という風には思って欲しくないですしね。

そういう訳で、11巻です。
途中、新、になったものの、フォーチュンの流れとしては、19冊目です。
早く出ては欲しいものの、早く終わらないで欲しいという矛盾した思いがあるのも本当で、私にとってはもの凄い思い入れのある作品です。

続きを読む

あらしのよるに

2006-01-10 16:11
観てきました。
特別何も思ってはいなかっただろうなつめさんを連れ込んで(笑)

何か、各所で感想が面白かったので、子供向けなのに本当にそんな感じの映画なのかと思って観にいったら、確かにそうでした。否定はできない。

うん、ストーリー自体は子供向けだからか、とても解りやすく、絵もすっごい綺麗で可愛かったし、最後良かったねぇ、と笑顔に包まれる映画でしたよ、ホントホント。
続きを読む

博士の愛した数式

2006-01-06 17:06
博士の愛した数式博士の愛した数式
小川 洋子

新潮社 2005-11-26
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

いつも思うのですが、商品画像にどうして宣伝オビが必要なんだろう・・・。
思いっきり邪魔なんですけど。

文庫化になったので読んでみました。
心を無にして、ラストを推測したりせずに読みました(笑)

で、思ってたよりも面白かったです。
ラストの下り方は急だったけど、まぁそんなものかなーと。

感動した!
って書きたいところですが、私数学苦手なので、途中読んでてさっぱりな部分もあったり。
それも含めて面白さがあるもんなのでしょうけど、結構さらりと読んだ感じ。

 博士を信じなかったママが悪い

っていうルート君の感情が良かったり。
喜怒哀楽があって、何かに感動したり、何かに悲しんだり、そういう子供が一番子供らしいですよね。
教育ママで子供に勉強ばっかりさせてる親たちが読んだらいいと思う。


まぁ、そういう人たちは自分たちが本を読むことなんて少ないでしょうけど。


何か朝からラジオで流れてた宣伝。
いつも本を読んでるから、「活字離れ」という事が不思議、みたいな感じの。
本を楽しむ時間って必要ですよね。

Profile +

ユウル

Author:ユウル
杉田さんのファンになって9年程。
生温かく見守ります。
有栖川先生の本が好きです。
あべ美幸先生の漫画が好きです。
堺さんと蔵さんを応援してます。
基本、本などの感想が多いです。
ネタバレしてるのもありますのでご注意をば。

Entries +
Category +
Archives +
10  04  03  02  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
Link +
ブクログ +
Search +
 +
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。