2007 051234567891011121314151617181920212223242526272829302007 07

スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BITTER×SWEET BLOOD

2007-06-27 15:06
BITTER×SWEET BLOODBITTER×SWEET BLOOD
周防 ツカサ

メディアワークス 2007-05
売り上げランキング : 6803
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
「私は闇夜で首筋を噛まれた。プツッという音が響き朱い玉が肌を伝った。それが、彼との関係のはじまり。
『闇の眷属』たちが現代を舞台に妖しく踊る・・・。血の契約を結んだ少年と少女の物語。」電撃文庫より

この方の作品の中で、私はこの本が一番好みでした・・・。
ストーリーもですが、イラストレーターさんも良かったのです。
ライトノベルだけじゃないですが、イラスト付きの小説を読む時は、結構イラストにこだわります。
好みじゃないと、たいてい読まないので(作者好きじゃないと)続きを読む
スポンサーサイト

ブラジル蝶の謎

2007-06-22 10:24
ブラジル蝶の謎ブラジル蝶の謎
有栖川 有栖

講談社 1996-05
売り上げランキング : 598053
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
「美しい異国の蝶々に囲まれて殺害された男の意外な過去が、真犯人解明への重要な鍵を握る表題作『ブラジル蝶の謎』。密室から突如、霧のごとく消え去った若いカップルの謎に迫る『蝶々がはばたく』?。おなじみ有栖川・火村コンビの名推理が冴え渡る傑作ミステリ全6編を収録。読者待望の「国名シリーズ」第3弾。」by Amazon

蝶で話をはさみたかったというお茶目な有栖川センセ。
おかげで携帯電話があったりなかったり(笑)
そんな時代だったのですよ。続きを読む

スウェーデン館の謎

2007-06-22 09:43
スウェーデン館の謎スウェーデン館の謎
有栖川 有栖

講談社 1995-05
売り上げランキング : 514779
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
「ミステリ作家・有栖川有栖が取材で訪れた雪深い裏磐梯には、地元の人々からスウェーデン館と異名をとるログハウスがあった。彼は珍客として歓待されるが、深い悲しみを湛えた殺人事件に遭遇する?。有栖と犯罪臨床学者・火村英生の絶妙コンビが、足跡のない殺人事件に挑戦。大好評「国名シリーズ」の第2弾。」by Amazon


今回の話は、謎解き・・・というより、ホントに物語を読むような感覚でした。
なんだろう、アリスの人間性が垣間見れたというか(笑)
美人には弱いアリスです。続きを読む

海のある奈良に死す

2007-06-14 23:20
海のある奈良に死す海のある奈良に死す
有栖川 有栖

双葉社 1995-03
売り上げランキング : 925808
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
「半年がかりで書き上げた長編が、やっと見本になった!推理作家・有栖川有栖は、この一瞬を味わう為にわざわざ大阪から東京へやってきたのだ。珀友社の会議室で見本を手に喜びに浸っていると、同業者の赤星学が大きなバックを肩に現れた。久しぶりの再会で雑談に花を咲かせた後、赤星は会議室を後にした。「行ってくる。『海のある奈良』へ」と言い残して…。翌日、福井の古都・小浜で赤星が死体で発見された。赤星と最後に話した関係者として、有栖は友人・火村英生と共に調査を開始するが?!?複雑に絡まった糸を、大胆にロジカルに解きほぐす本格推理。」by Amazon続きを読む

ロシア紅茶の謎

2007-06-12 15:06
ロシア紅茶の謎ロシア紅茶の謎
有栖川 有栖

講談社 1994-08
売り上げランキング : 686155
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
作家アリスシリーズ3作目です。
初の短編集。えーと
*動物園の暗号
*屋根裏の散歩者
*赤い稲妻
*ルーンの導き
*ロシア紅茶の謎
*八角形の罠

の6作品が収録されています。
それぞれのちまちまとした感想でも。続きを読む

ダリの繭

2007-06-05 15:54
ダリの繭ダリの繭
有栖川 有栖

角川書店 1999-12
売り上げランキング : 581787
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「幻想を愛し、奇行で知られたシュール、リアリズムの巨人?サルバドール・ダリ。宝飾デザインも手掛けた、この天才の心酔者で知られる宝石チェーン社長が神戸の別邸で殺された。現代の繭とも言うべきフロートカプセルの中で発見されたその死体は、彼のトレードマークであったダリ髭がない。そして他にも多くの不可解な点が…。事件解決に立ち上った推理作家・有栖川有栖と犯罪社会学者・火村英生が難解なダイイングメッセージに挑む。ミステリー界の旗手が綴る究極のパズラー。」by Amazon

という事でアリスシリーズ2冊目。
1993年版の文庫の画像が出ないのでこちら。
ダリの表紙はかなりインパクトあったんですけどね。続きを読む
Profile +

Author:ユウル
杉田さんのファンになって9年程。
生温かく見守ります。
有栖川先生の本が好きです。
あべ美幸先生の漫画が好きです。
堺さんと蔵さんを応援してます。
基本、本などの感想が多いです。
ネタバレしてるのもありますのでご注意をば。

Entries +
Category +
Archives +
10  04  03  02  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
Link +
ブクログ +
Search +
 +
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。