2007 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 01

スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風の王国 金の鈴

2007-12-30 15:30
風の王国―金の鈴 (コバルト文庫)風の王国―金の鈴 (コバルト文庫)
毛利 志生子

集英社 2007-11-30
売り上げランキング : 110876
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

前の話からの続き。
ラセルは賢いのか賢くないのか(笑)

翠蘭の出産などおめでたい話なのに何故か全体的に、不安定な要素がごろごろしてて、雰囲気が暗いと言うか・・・言葉の端々に。

水車の話はいいですね、何度説明するよりも実際の姿を見てもらった方が早いし納得できるし。
そうやって文明は進んでいったんだろうな、と。

色々伏線張ったまま、また続くようです。
ロナアウワとか何なのでしょうあの子。

最後のエンサの言葉には衝撃を受けましたけども・・・
うーんコバルトで史実通りに進めるのか、それとも物語として終わらせるのか、著者次第なんですが・・・翠蘭は強い女性だけど、ここでは幸せになって欲しいなぁ・・・とは思います。

スポンサーサイト

蒼い千鳥花霞に泳ぐ―薬屋探偵妖綺談

2007-12-30 14:36
蒼い千鳥 花霞に泳ぐ―薬屋探偵妖綺談 (講談社文庫)蒼い千鳥 花霞に泳ぐ―薬屋探偵妖綺談 (講談社文庫)
高里 椎奈

講談社 2007-12
売り上げランキング : 156324
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


空の境界 (中)

2007-12-30 14:34
空の境界〈中〉 (講談社文庫)空の境界〈中〉 (講談社文庫)
奈須 きのこ

講談社 2007-12
売り上げランキング : 5506
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


BITTER×SWEET BLOOD/CANDY COLORED

2007-12-30 14:34
BITTER×SWEET BLOOD/CANDY COLORED (電撃文庫 す 8-6)BITTER×SWEET BLOOD/CANDY COLORED (電撃文庫 す 8-6)
周防 ツカサ

メディアワークス 2007-11
売り上げランキング : 357089

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本当は知らない<薬屋探偵妖綺談>

2007-12-30 14:32
本当は知らない<薬屋探偵妖綺談> (講談社文庫)本当は知らない<薬屋探偵妖綺談> (講談社文庫)
高里 椎奈

講談社 2007-09-14
売り上げランキング : 156130
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今はもうない―SWITCH BACK

2007-12-30 14:31
今はもうない―SWITCH BACK (講談社文庫)今はもうない―SWITCH BACK (講談社文庫)
森 博嗣

講談社 2001-03
売り上げランキング : 7277
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「嵐の山荘で起きた2つの密室殺人事件!
隣り合った部屋で死んだ美人姉妹。40歳の私は、西之園嬢と推理する。

避暑地にある別荘で、美人姉妹が隣り合わせた部屋で1人ずつ死体となって発見された。2つの部屋は、映写室と鑑賞室で、いずれも密室状態。遺体が発見されたときスクリーンには、まだ映画が……。おりしも嵐が襲い、電話さえ通じなくなる。S&Mシリーズナンバーワンに挙げる声も多い清冽な森ミステリィ。 」byAmazon

ずっと読み忘れていたシリーズの1冊です。
楽しくだまされた感が強いです。
でも面白かったなぁ。

空の境界 (上)/奈須 きのこ

2007-12-05 20:28
空の境界〈上〉 (講談社文庫)空の境界〈上〉 (講談社文庫)
奈須 きのこ

講談社 2007-11
売り上げランキング : 5483
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「その夏の終わりは、少女たちの飛び降り自殺が相次いだ。突発的に廃墟と化したビルの屋上から空へと踊る。そして落下、待っているのは死。一切の関連性と自殺の理由を見出せぬまま、不可解な自殺事件として報道されるなか、唯一、その関連を見出したものがいた。最高位の人形師で魔法使いになれなかった魔術師の蒼崎橙子である。むしろ「理由がない」ことが共通点だと。そして、浮遊と飛行の差異。この連続自殺事件の捜索に乗り出したのは、万物の生の綻びこと死線を視る力“直死の魔眼”を持つ両儀式。望まぬまま得た力により、虚空に舞う少女たちの幽霊をその瞳に捕らえる式は果たして何を思うのか。思いを胸に、式は痛ましい現場となったビルへと向かう。それが、幾重にも張り巡らされた罠への序章にすぎないことも知らずに…。」あらすじはどこぞから拾ってきました。


店頭でノベルスを見かけてからはや2年・・・(笑)
文庫になったので買いました。
式が着物の上にジャケットを着てるとは思いませんでした。
というか、着物着てジャケット羽織って、あの腕の細さはありえないと思うのですが・・・・が、深く考えない事にした。続きを読む
Profile +

ユウル

Author:ユウル
杉田さんのファンになって9年程。
生温かく見守ります。
有栖川先生の本が好きです。
あべ美幸先生の漫画が好きです。
堺さんと蔵さんを応援してます。
基本、本などの感想が多いです。
ネタバレしてるのもありますのでご注意をば。

Entries +
Category +
Archives +
10  04  03  02  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
Link +
ブクログ +
Search +
 +
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。