2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新装版 46番目の密室 ドラマCD

2010-08-16 11:35
新装版 46番目の密室 (講談社文庫)
(講談社文庫)

有栖川 有栖

講談社 2009-08-12
売り上げランキング : 83628
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



46
「45に及ぶ密室トリックを発表してきた推理小説の大家、真壁聖一。
クリスマス、軽井沢にある彼の別荘に招待された客たちは、作家の無残な姿を目の当たりにする。
彼は自らの46番目のトリックで殺されたのか――。
雪に囲まれた星火荘でおきる事件の謎に、火村とアリスが挑む。」モモグレさんより


という訳で、届きましたよ「46番目の密室」のドラマCD!
そして聴きましたよ!

(;・∀・)ァ・・ アハハ・・・ハハ・・・・

ついったーでえらい言いようをしてしまいましたが・・・
以下感想。グダグダと長いです。
神谷さんのちょっと低めの声ステキですね〜


・・・・でも火村先生の声じゃないんだ!orz

そうじゃないんだ!ああああああ・・・・
神谷さん悪くない、精一杯頑張っていらっしゃったと思う。
でも本人が特典CDで言ってたとおり、何故神谷さんにした?
という気持ちがいっぱいなので、とりあえずキャスト決めた人、神谷さんにあやまれ!
と思ってしまう。

まぁ原作の火村先生とはまた違う種類の火村っちを演じられたという事で、お疲れさまでしたと言いたいです。
なんでこんなに擁護するのかって?
神谷さんの声、ホント良かったのですよ・・・。
ちょっと期待してた部分もあるし。でも決してバリトン声でない神谷さんが演じられることを知った上で買ったのでそれ以上文句言うなと、どこかで見かけたので、確かにそうだよなと思い、こんな感想になってしまったと。

これは原作好きな人にじゃなくて、完全に声優好きにオススメされるドラマCDだと思います。

ところでドラマCDなんですが、軽く・・?いや、とてつもなくドラマじゃなくて朗読CDに近かったのは言うまでもないですが、どうしてこうなった。

もう少し脚本を大胆に変更してもいいから(大筋は変えずに)ドラマCDにしか出来ない、ドラマ仕立ての内容にして欲しかったなぁ。

だって延々と鈴村さんが喋ってるだけなんだもの。
「キサラギ」みたいに臨場感あふれる感じにしてほしかったなぁ。

内容も確かに推理物ということを元にしていたら、他のさりげない会話や、雰囲気などはいらないのかも知れないけど、そういう部分も含めて有栖川先生の本の良さなので、その辺ぶった切られてショックでした。

「人間、生きている限り『お疲れ』で『ご苦労』なんだよ」が聴きたかったなぁ・・・。
それと、電車の中での、アリスの火村先生紹介の場面のあの長いセリフもさぁ・・・。
なんだかそういう小さいけど、大事なとこがほとんどなかったので、アリスにしろ火村先生にしろ、キャラがぼやけててよくわからない人物に収まってます。

あれじゃ火村先生が普通の人だ!(笑)

特典CD付けるくらいなら、2枚組でのドラマCDにして欲しかったです。
短すぎ。物足りないというか、原作読んだ事無い人はあれでわかったのだろうかと心配です。

ホント朗読なんだもん・・・鵜飼役の中村さんも言ってたけど、取って付けた様な説明役だった(もうちょっとぼかして言ってますが)というくらい、キャラの人間性が出てなくて声優さん達をもったいない扱いしてるなぁと感じられました。

内容については以上!

で、声優さんですが・・・

火村先生役の神谷さんは、もう上に書いたからいいとして・・・
あ、でも「アブソルートリー」には笑った。英語堪能そうなのでまぁいいんじゃないかとwww
それとこの声の神谷さんは、誰かの声に似てるという訳でもなかったのが意外でした。
よかった・・・火村先生を思い浮かべながら聴けて。
(荒川のリクの声だともれなく絶望先生とか化物語とか思い出してしまうので)

アリス役の鈴村さん。
とりあえずものすごい喋ってる。お疲れさまでした。
でも朗読部分は関西弁じゃなかったので、実際会話で関西弁喋ってる部分って少ないんじゃ・・・

鈴村さんのアリスは許容範囲だったので、それほど何もありませんが(自分の中でアリスはカワイイ大人だと思っているので)もうちょっと抑揚のある声が聴きry

真壁役の浜田さん、さすがです、ちょっともうちょっと聴きたかったおっさん声。

石町役の遊佐さん、何と言うか意外と若くない声を出されてました・・・。

杉井役の小野坂さん、声が軽い軽い(笑)ビジュアルがわからなかったのですけど、あーこんな声なのかなー杉井さんはーという感じで聴きました。

船沢役の中井さん、・・・・お、おっさんだ!(違うのかもしれないけど)ゾロの声が定着しすぎてて、他の声を想像した事なかったので聴いてて楽しかった人。

鵜飼役の中村さん、なんでそんなにいい声出してんだよ!wwwwwwww鵜飼さんってどのくらいの年齢なんでしたっけ?あまりにもいい声だったので思わず吹き出しました。

大崎役の杉田さん、ちょっwwwwwwなんで そ の 声 な ん で す か !
というくらい、不思議な声でした。杉田さん大好きだけど、きっとキャストのチョイス間違ってる。
チョイス間違ってるの今に始まったことじゃないけどさ!
大崎さんって熊さんっぽく想像してたので、これも違う意味で吹き出した。

光司くん役の入野さん、と真帆ちゃん役の原さん、かわいかったので文句なし。

後女性陣は、あんまり区別がつかなかったよう・・・風子さんがえっらい色っぽい声だったのでびっくりした。
ちょっとなんかイメージと違いました。


声優さんについては以上。

その他もろもろ。
*イラスト
結構好きだったので、特にないのだけど、ブックレットの漫画で何故火村先生は髪が白かったのでしょう?アリスと髪型違うのだから、別に黒でもよかったのに。

あー白ジャケット描いて欲しかった・・・orz

鵜飼さんが美形だった。大崎さんもだけど。
アリスはもうちょっと髪が長い方が好き。小説家っぽくて(理想)
そしてどうしても気になる星火荘の玄関手すり部分。あそこ色塗らないでいいの?あれで良かったの?


*キャストコメント
聴いた後で思う、入れて欲しくなかった(笑)
杉田さんが相変わらず真面目に喋っていましたが、中村さんが喋る事ないみたいな様子にはウケた。
そりゃそうだよなぁ。
あと、中井さんがだんだん暗くなっていくのも・・・www

*特典CD
神谷さんが色々ぶっちゃけてましたが、あなたそれ言ってよかったの?(笑)
自分でもこの本を読んで、自分の声質を知ってこそ言える「なんで俺なの?」
っていうか「もっとバリトンで」というダメだしひどすぎる。

後なんかお題にそってみんな色々喋ってました。
そこに中村さんと杉田さんが入っていたのが不思議でしたけど!

*まんだらけ特典CD
こちらは一人一人別個に喋ってました。
リレートークみたいな。
こちらにも中村さんと杉田さんが入っていたのが不思ry

結論、やっぱりどこまでも声優好きに向けてのCDだったのかなぁと。
原作に向けての愛はあったのだろうかなぁとか、ふと思ってしまいました。

まぁCDにしやすそうな題材を選んだだけなのかもしれないけど。

後でまた聴こうと思います。
神谷さんの火村、アレはアレでいい声なので。
スポンサーサイト
コメント
>前野さん
コメントありがとうございます。
ほんっとに気づかないまま放置して、返信が遅くなり申し訳ないです。
しかし長いコメントをいただき有り難く思います。
声優ではなく原作ファンの方なのですね、きっとびっくりされたんじゃないでしょうか?ああいう内容であったことに。
私は声優好きでもあるので、ドラマCDの雰囲気を知っていたので、まぁこうきたか、という感じでした。
今思うと恥ずかしいくらいはっちゃけた感想を書いてますが、今ならもう少し落ち着いて聴けるかなとも思います。
脚本が良かったならもうちょっと聴けたんじゃないかと残念な部分も多いのですが、私としては次回に期待・・・をほんのりしてみたいと思います。
こればっかりは個人的見解ですのでね・・・。
前野さんのコメントにも共感しました、皆さんいろいろ思うところがありますよねえ。

>あゆみさん
コメントありがとうございました。
今更見てはいらっしゃらないとは思いますが、返信遅くなり大変申し訳なく・・・っ

CDの感想、今読んだらぶっちゃけはっちゃけな感じで書いててちょっと恥ずかしのですけど、やはり皆様そういう感想をお持ちなんだなと思いました。
大好きな有栖川作品だからこそのこの反応だと思いますが、もうちょっとどうにかならなかったのかな、というのが本音です。
共感していただきありがとうございました。
ゆうる | 2010-11-18 22:18 | 編集
 こんばんわ、初めまして。ぐーぐるから飛んで参りました。
 購入してから、暫くねかせといて、昨日ようやく聴いた『46番目の密室』が、私的にちょっとアレだったので、他の方の感想はどうだったのかな?と、気になりまして。
 ユウルさまのおっしゃっていることにいちいち頷きながら拝読いたしました。
 有栖川作品は、本当に本当に大事な作品なので、もっと上手に料理をして欲しかったというのが、正直な感想です。
 
あゆみ | 2010-09-23 00:12 | 編集
はじめまして、ドラマCDの感想に共感です。
46番目の密室は好きな作品なので少しは期待してましたが、原作と違って特定的な女性ファンがターゲットなのは明らかなのに美味しい(色々な意味でw)場面を適当に流して薄々な内容は酷いと思いました。
声優詳しくないけれど、火村の声がバリトンじゃないのはショックを受けました。
頑張ってる声優さんも喜んでもらえないなんてちょっと可哀想ですし。
声優がバリトンじゃないと分かってても、原作と違い過ぎたりファンの期待を裏切る作品はちゃんとアンケートハガキとかで意見を言ってもいいと思いますよ。
個人的な同人誌ならともかく原作を公式に使ってる企業の作品なのでお金を(この不景気に3000+送料800円は決して安くないですからね!)払う側としては最低限の納得できる商品を要求したいですよね。
今回のドラマCDは明らかにこだわりのない原作設定をやファンを無視してる感じが否めないので残念な気持でいっぱいでしたから、次回以降にも続編が出るかもと思うとハガキを出さずにはいられませんでした。
前野 | 2010-09-11 12:55 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
Profile +

ユウル

Author:ユウル
杉田さんのファンになって9年程。
生温かく見守ります。
有栖川先生の本が好きです。
あべ美幸先生の漫画が好きです。
堺さんと蔵さんを応援してます。
基本、本などの感想が多いです。
ネタバレしてるのもありますのでご注意をば。

Entries +
Category +
Archives +
10  04  03  02  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
Link +
ブクログ +
Search +
 +
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。